通信機器レンタルで借りられる防犯カメラの性能

壊れにくい監視カメラを設置する

天候に関係無く利用できる

きちんと防水加工されている監視カメラだったら、雨の日でも屋外で使用できます。
基本的に、監視カメラなどの精密機械は水に弱いです。
何も防水加工されていない監視カメラの場合は、雨に打たれると壊れる可能性があるので使用しないでください。
レンタルする時は、先に屋外と屋内のどちらに設置するのか決めてください。
その上で、ふさわしい製品をレンタルしましょう。

屋内で使用するなら、防水加工されていない製品でも問題ありません。
2種類の監視カメラをレンタルして、屋外と屋内の両方に設置するのも良い方法です。
不審者が、室内にまで侵入してくるかもしれません。
何か盗まれても、監視カメラに姿が映っていれれば確保する時に活かせます。

落としても壊れないぐらい丈夫

屋外に監視カメラを設置していると、何が起こるか分かりません。
しっかり固定していたつもりでも、強風が吹くと落下する可能性があります。
落下した時の衝撃で壊れたら監視することができないので、壊れない丈夫な監視カメラをレンタルしてください。
高い位置から落とせば、それだけ衝撃が大きくなって壊れる確率が高まります。

監視カメラを設置しようと思っている位置が高い場合は、特に丈夫と言われている製品を選択した方が安心できるでしょう。
レンタルしている監視カメラを壊した場合は、弁償しなければいけないかもしれません。
業者によってルールが異なるので、レンタルする前に確認してください。
修理代金を払わなくて良いよう、大事に扱いましょう。


この記事をシェアする